O2Magazine #001

http://glitter-style.jp/o2/number001.html

Category:

Type:エディトリアル , Webマガジン

Concept:いつでもどこへでも持ち運べる、デジタルだからこそできる表現を追求する新しいかたちの雑誌

Skill: / / / /
o2_#1-1

様々な分野のクリエイターがつくるスタイルマガジン「O2Magazine(オーツーマガジン)」を制作しました。
Webという媒体を使うからこそできる表現を用いて新しいかたちの「雑誌」をつくろうという試みです。Webマガジンという体裁で実物にもそのまま落としこめるようなデザインと製作プロセスで行うことに拘りました。

創刊号となる今回は2号分を一冊にまとめた為ボリュームもある内容になりました。

画面の中にある、インタラクティブな雑誌

o2_#1-2 o2_#1-3

変化し続けるビジュアルとインタラクティブなインターフェース

アニメーションを含め全ページになにかしらの「仕掛け」を施してあり、そのモーションやトリガー(起動するきっかけ)にも拘りを。

  • クリック、ドラッグ、キーボード、スワイプの操作に対応する直観的な操作性
  • マウスオーバー/タッチで展開するナビゲーションやコントロールパネルもガイドとして設置
  • 文中にある専門用語などには、マウスオーバー/タッチで注釈が表示されるようにし、誌面レイアウトには影響がでないつくりに
o2_#1-game1 o2_#1-game2

誌面上に広がる世界

実際の雑誌にもちょっとしたゲームがあったりしますが、デジタルなプラットフォームであればより凝ったものを設置することもできます。その一つのデモンストレーションとしてとして簡単なパズルゲームも設置。

o2_#1-4

それぞれのデザイナーごとの世界観

各見開きページ単位で複数のデザイナーが担当し、それぞれの表現を行っていただきました。
「こういう雑誌があればおもしろい」「こんな表現がしたい」・・動きを絡めた様々な表現とアイデアが一つの誌面内に凝縮されています。

o2_#1-p23

アートワークは飾りや背景にあらず

ページ内の様々なアートワークオブジェクトは何かしらのトリガーになっています。 「アートワークそれぞれに意味がある」ということの表現を違った角度からアプローチしてみました。

ただページをめくっていくだけではなく、あちこちを触って(カーソルを持っていったり、クリックしたり)いきたくなるようなデザインになっていると思います。

JavaScript Not Working!

当サイトでは閲覧の快適性向上と、あなたの操作に対し応答を行う為にJavaScriptを利用しております。
JavaScriptがOffの状態ではこれらの機能が動作しません。本来の状態で閲覧するにはJavaScriptを「有効」にして、ブラウザの「再読み込み」をお願い致します。

» 各ブラウザでのJavascriptをオンにする方法