2017 謹賀新年

大変ご無沙汰しております。
気がつけば、まさかの一年余りぶりの更新となってしまいました…。

いやはやこれほど更新ができていないとは…
昨年はこのブログを含め、製作実績もWebSiteもまったく更新ができず(苦笑)
SNSの投稿も月に一回程度というどうしようもなく発信を行わない年となってしまいました。。

言い訳をさせていただくと「それだけ忙しくさせていただけた」ということではあります。

実際、業績も前年比200%超えを記録し、
ロールアウトさせていただいた案件数も創業以来最多となりました。
これだけの多大なご支持、心より感謝申し上げます。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

昨年は非常に大きな案件も担わせていただき、様々な製作にもトライした為 自分自身も非常に成長できた一年だったと感じております。 これらについてもまたご紹介できる機会を持てればと考えております。 (…今回こそはちゃんと書きます。。)

また、2016年は様々な新しいテクノロジーが生まれ、そして脚光を浴びた年でもありました。

  • ドローンの市場浸透、VR、ARの進歩型と言えるMR(Mixed Reality)。
    そしてそれらを可能にする新しいデバイスの発売。
  • 「ポケモンGo」という新しい体験型のゲームのリリースもありましたが
    これも、新しいテクノロジーの一つの形ですね。
  • またAIの進歩も著しいものとなってきました。
    今まで人の手が必要だったものの大半が代替できてしまうほどに。
  • 宇宙開発も民間主導となり、かなり身近なものとなりつつあります。
  • IoTの技術は…ちょっとまだ足踏み中かな…?という雰囲気はありますが
    少しづつ、でも着実に歩みを進めて行っています。

さて、これらの様々な「進歩」、
一体どのような未来を導き出すのでしょう?
私たちの生活に、どのような変化をもたらすでしょう?

そして、2017年ー 近年生まれたテクノロジーはさらに洗練されて、より使いやすく、より身近になっていくでしょう。
また、ほとんどの人が予想もしていなかった新たなものも生まれるでしょう。
これらは「また」私たちの生活と価値観を大きく変えるでしょう。

私たちはその変化の過程をリアルタイムで感じ、その中を生きられるという、とてもエキサイティングな時代を生きていると言えます。

その中心にあるのが コンピューターネットワーク これは獣数年前から変わっておらず、その進化は今も進んでいます。
更なる可能性がまだまだある、ということです。

今や全世界中のほとんどの人がそれらを持ち、使っています。
今、このブログをご覧の端末こそが「それ」。

そんな大きな可能性を秘めたものを、普段私たちは何気なく使っています。
そう考えると、とても凄いことだと思いませんか?
ただ、それらを『どう使うのか』というだけのこと。

この端末と、そこに使わている数多のテクノジーについてもっとよく知ってみると、
あなたもこの「変化」の渦中の人間、
あるいは、変化を生み出す一人になっているかもしれません。

あなたにとっても2017年が素晴らしいものとなることをお祈りいたします。

Comments

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.